私のテーラー
LECTEUR
(レクトゥール)
私のテーラー
LECTEUR
(レクトゥール)
サーバーメンテナンスのため、2021年10月27日(水)AM5:00〜8:00の間
PT MAGAZINEはご覧いただけません。ご了承ください。

自分だけの一着を仕立てる。 その言葉にはファッション上級者の特権とか、成功者の証と、一瞬身構えてしまう響きを含んでいます。でも、自分の体型や好みに合わせてスーツやジャケットをあつらえることは、とても自由で心地よい体験でした。 「LECTEUR(レクトゥール)」なら、きっと服に袖を通すことが楽しくなるはずです。

顧客の思いを叶える「読み手」

東京・南麻布にあるLECTEUR。どこにもお店のサインが見当たらない完全予約制のオーダーサロンは、閑静な住宅街にあります。ブランド名の「LECTEUR」とは、フランス語で「読み手」という意味。顧客のライフスタイルや要望を受け取り、提案するというブランドの姿勢が込められています。サロンでの採寸やオーダーだけでなく、要望があれば自宅やカフェ、ホテルなど、指定の場所へ出向いてオーダーに応じるスタイルからも、その想いがうかがえます。

始まりは、一本のネクタイ

一流のセレクトショップ、専門店で既製服販売からオーダーまで経験したスタッフたちが立ち上げたこのサロン。 「ショップでは実現できなかった顧客本位のサービスを提供したいという想いで立ち上げました。最初は知り合いのもとへ出向いて、ネクタイ一本のオーダーを受けていました。ネクタイをお求めになったお客様が、次はネクタイに合うシャツが欲しい、さらにジャケットやトラウザーズも仕立てたい、というご要望をいただくようになり、現在ではオーダーのスーツとスタイリングを中心としたファッション全般のサービスを提供しています」そう話すのは、LECTEURパートナーの高野大輝氏。

こだわるのはライフスタイル

LECTEURのオーダースタイルは、メイド・トゥ・メジャー(イタリア語でSu-Mizura=ス・ミズーラ)と呼ばれるもの。「ハウススタイルは肩パットのないナポリ仕立てを意識したもので、マスターピースと呼ばれるこだわりの型紙をベースにフィッターが採寸していきます。調整できる箇所は20カ所近くあり、パターンオーダーやイージーオーダーとは段違いの軽い着心地を味わっていただけます。リラックスした雰囲気を持ちながらも、ウエストのシルエットが美しいエレガントな仕立てが特長です」と、高野氏。

生地は常時3,000〜4,000種類用意されていて、どんな一着に仕立てようかと想像が膨らみます。裏地やボタン、ポケットやラペルなど、好みに合わせてどんなわがままも叶えてくれる。さらにパンツはベルトループ、プリーツ、ポケットなど思いのまま。もちろん、初めての仕立てでなにから手を付ければいいか分からなくても問題ありません。仕事のスタイルや趣味などの話をしながら「読み手」が的確に提案してくれます。

待つ時間も楽しい

採寸されたデータと細かなオーダーは国内のトップファクトリーに送られ、納期は基本的に1カ月ほど。この待っている時間がまた、たまらなく楽しいのです。スーツに合わせてシャツや靴をオーダーしたり、サロン近くのセレクトショップで小物のコーディネートをスタイリングしたりと、専属のスタッフが相談相手になってくれます。さらに、クリーニングや手入れの仕方、希望すれば自宅のクローゼットの見直しまで手伝ってくれるというから心強い限り。新しい一着が仕上がるまでの間、ワードローブを整えるのもまた楽しいものです。

スーツはあくまでもスタイルの一部

LECTEURはオーダースーツを提供するだけではありません。 「スーツから広がる体験を提供したいと思っています。例えば一流の靴磨き職人から革靴のメンテナンスを教わるワークショップや、お洒落をして音楽を楽しむイベントなどに顧客のみなさんを招待しています。カルチャーを通してコミュニティを形成していくこと、そしてお客様とブランドのキャラクターを共に作り上げていくこと。これがファッションを楽しむ新しい価値を生んでいくのではないかと思っています」と語るのは、代表の五十嵐 裕基氏。現在LECTEUR の顧客は1,000名を超えるというから、新しいファッションへのニーズの高さを感じさせます。

普段着こそ仕立てたい

ビジネスシーンでもカジュアルなスタイルが一般的になり、休日も楽な格好ばかり。そうなるとスーツは職場に来ていく仕事着か、晴れ着としての一張羅だけになってしまいます。その理由を考えてみると、身体に合わないスーツは窮屈で疲れるからかもしれません。しかし、自分の体型や好みにフィットした一着は、これまでのスーツのイメージをがらりと変えてくれます。きっと、旅行やドライブ、レストランでのディナー、ゴルフの行き帰りなど、リラックスしたシーンでもスーツスタイルを楽しみたくなるはず。しかも、柔らかい雰囲気が漂う仕立ての1着なら、Tシャツやニットとさらりと合わせるだけで普段着を格上げしてくれます。お気に入りのスーツが並ぶクローゼットを開くのは、きっと至福のひととき。私はそろそろジャケット風のコートを仕立てたいと思案中です。

<プライス>
オーダースーツ 88,000円〜(消費税別)
ジャケット 66,000円〜(消費税別)
トラウザーズ 28,000円〜(消費税別)
ジレ 27,000円〜(消費税別)
シャツ 11,000円〜(消費税別)
※生地のブランドや仕立ての仕様によって金額が変わります。

LECTEUR(レクトゥール)

LECTEURのブランドサイトより直接ご予約をされた場合は、優待サービスの対象外となります。優待ご希望の場合は、[ご予約方法]をご確認ください。
http://www.lecteur-style.com/

ご優待

以下、ご予約方法にてオーダースーツをご注文いただいた方に、オーダーシャツ、またはネクタイをコーディネートし、プレゼントいたします。

[ご予約方法]
セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードコンシェルジュでご予約の手配を承ります。
カード裏面のセゾンプラチナカードデスク、またはMileagePlusセゾンプラチナカードデスクへお電話でご予約ください。
※コンシェルジュの3#をご選択ください

[ご優待対象期間]
2021年9月30日(木)まで
※上記期間までに、プラチナデスクへお電話いただきご予約された方が、ご優待対象となります。

※ご優待は、お一人様1回限りとなります。
※ご予約の日程については、ご希望に添えない場合がございますが、可能な限り調整をさせていただきます。
※ご予約の日程調整にお日にちをいただく場合がございます。ご了承ください。